カテゴリ:思ったこと( 87 )

みんないろんな人からかわいい、カッコいいって思われたいよね。

でも、実際によく考えて欲しいんだけど、
人の好みって、本当にわずかだけど、少しずつ違うと思うんだ。

例えば僕の例で言えば、雑誌に載ってるモデルや
映画に出てくる女優さんなんて滅多にかわいいと思わない。

クラスの中では人気の無いような人を好きになったり、・・・(1)
誰もが羨むような人を好きになったり。・・・(2)

僕の例で言えば、好きになる「ポイント」があると思うんだ。
だから、上の(1)や(2)の例が出るんだと思う。

それなのに、自分が望む顔やスタイルになるために
手術を受けること自体考えが歪んでいると思うよ。


例えば僕は歌が好きです。
でも上手じゃないです。声もかっこよくないです。
ただ単純に好きです。

そんな僕が声帯を変えたりしようと思うかっていうとそうじゃない。

今出来ることで、成長させられる部分は成長させる。
その他は自分の魅力として良さも悪さも含めてまとめあげる。


自分をブランディングするって大事だと思うんだ。
整形に走る人は、ブランド力の無い人だと思う。

もう一回考えてみてはどうかな。


16歳から整形手術200回の女性 復元希望も体ボロボロ―中国
http://topics.jp.msn.com/wadai/searchina/article.aspx?articleid=913110
[PR]
なんで、みんな治そうとするの?
治そうとすること自体、鬱を分かってない。
[PR]
ここだけの話

おかしいね。

シベリアでM6.7の地震だって。

大丈夫かなぁ。



油断大敵。

地面はいつも動いていて、
別に悪気があるわけじゃない。

地球は息をしているだけなんだよね。
[PR]
中山祭があります!

友人のお店があるということもあって、
焼き鳥屋をやります。

備長炭にこだわった本格焼き鳥で、
今年はオリジナルのネギ塩ダレも追加!

さらにおいしくなった焼き鳥をご堪能ください!

あ、目玉として牛コロ串も用意してます。
ぜひぜひー!

中山駅、この辺↓
http://maps.google.co.jp/maps?gcx=c&ix=c1&q=%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E9%A7%85&um=1&ie=UTF-8&hl=ja&sa=N&tab=wl
[PR]
お前らが今までやった一番良い事って
http://mamesoku.com/archives/3086649.html
[PR]
ポジティブを生み出そう。
ネガティブも生み出そう。

出された何かを受け取る誰かがいれば、
何かしら感じるものがある。

誰かが感じれば、それに感化される誰かがいる。

そこから、また生まれる。

生むことで、遠い何かを生むということ。


悲しみは時に勇気を生むし、
幸せは時に後悔を生む。

良いことも、悪いことも、
全部受け取り方次第。

だから、何かを生み出そう。
[PR]
風評被害の怖いところは、
一次災害ではないと、私は思う。

風評被害を恐れ、それを隠すことに真の怖さがある。


実際、私は福島に実家があり、祖父母ら家族がいます。
311以降、夏の少し前に一度帰郷しました。

原発から離れていることもあり、
パっと行っただけの私には、
実家付近を見ただけでは何が問題なのか分からなかった。


それでも、福島県の人は「原発」「フクシマ」「放射能」という
キーワードで差別を受けたり、何らかの被害を受けているのだと思う。


自分の子どもが差別されたり、自分が酷い目に合わなければ・・・
と思うことは至極自然な考えだと思う。
万人が万人そうではないと思うけれど、
「福島」というキーワードから関係ないと偽る人間も出てくるでしょう。

新たな土地に住み、新たな環境に身を置き。


あえてもう一度言います。
風評被害の怖いところは、一次災害ではない。

そうして、社会が偽り、個人が偽る中で、
どこかほころびが生まれる。

おそらく今から20年~30年程度先の話だと思う。


世間は、早急に【社会ベクトル】を確立すべきだと思うんだ。
経済においても、エネルギー環境においても。

世の人々は不安だと思うし、
方向性がなければ疑心が生まれ、
本当の意味での【良い日本】は形成されなくなってしまう。

その軸が保てるのも、あと5年程度だと思うんだ。



フクシマとチェルノブイリの子どもたちの声を聴いてみよう
http://matome.naver.jp/odai/2131849323243843401
[PR]
世の中はワクワクすることを求めていると思うんだ。
[PR]
食べ物がおいしいことも素敵だし、
お店の人の笑顔や元気な姿が見れるのも素敵ですよね。

お店を悪いように言いたいわけではないので、
詳しく見たい方は下記リンクからどうぞ。

詳しく見る
[PR]
お久しぶりです。
法井達哉です。

友人、家族、関係各所のみな様。
いかがお過ごしでしょうか。


私がブログを書かなくなってから、
10日ほど経った3月11日、
東日本を大きな地震が襲いました。

それからも地震が続き、
震源地からは遠い都内でも
強い揺れを感じることがたびたびありました。


地震の恐怖が日に日に薄れるのと重ねて、

 福島県の原子力発電所でのニュースが目につくようになってきました。

 『買い溜め』の問題が目につくようになってきました。


今はまだ再開する時期ではないと思います。

もう少しして、みんなの心から不安が消え始めた頃に、
明日の笑顔に繋がる話ができるよう、
ブログを書き始めようと思います。
[PR]