良いこと◇1024

期待以上のヤツになろう

期待以上のヤツになろう!

仕事をしていて、求められる分だけとか、
自分が満足しただけの仕事じゃダメなんだ。

どんなに少しでも良いから、
誰かの期待以上の【早さ】【完成度】【工夫】を出そう。

そうすると、まずは同じ時間での精度が変わってくる。

それから、周りから期待されるようになる。

期待されると、また頑張りたくなるし、
また期待以上を出さないといけなくなる。


それで、また期待以上を目指してみる。

だんだん期待が大きくなって、
出来る内容が変わってきて、
いつしか、自分の想像していた自分を超えていることに気付く。

自分が目指すのはどんな自分でいたいかだけで良い。
これがしたい、あれがしたいはもちろん持っていて良い。

でも、結果を出すかどうかの時は、
細かいことにこだわらず、
誰かの期待する以上だけを基準に持とう。

考えた誰かの期待以上を超えられないうちは、
自分の時間を使ってでも頑張ろう。

問題には率先して手を挙げて、取り組もう。
もらった課題が多く、
それに真面目に、期待以上の結果を求めて成果を出せば、
超長期的視点で見れば、必ず成功する。

問題が起きた時に、
「そんなのあるんだ」「担当誰になるのかな」
なんてつまらないヤツになるな。

そういうヤツになってたら、
今すぐ変わるべきなんだ。

私はそうやってやってきたし、
おかげで色々学べてきた。


とある先輩が
「英会話はやった方が良い」って言ってくれたことは、
自分では絶対踏み込まないきっかけをくれた一言。

とある先輩が
「別に帰っても良いけどさ。それ、終わるの?」って言ってくれたことは
私に責任感とプロ意識を作ってくれました。

とある先輩が
「分かった。それ、オレが法井くんに指示したことにして
 お客さんに謝るから、そのままにしてて」
って言ってくれたことは
失敗が人生の後悔として糧になり、理想の上司像になりました。

とある上司が
「細かいことだけど、絶対将来のためになるから」
教えてくれた全てのことは、今では自分の誇りになっています。


色んな人に支えてもらって、
今の自分があって、
今後輩のためになっているのかなっていないのか、
ただ私がグチグチ言ってしまうだけなのかは分からないけど、
これから先、自分のためであり、
誰かのためにも、役に立っていくんじゃないかなと感じてます。


全然分からなくても良いから、
がむしゃらにやって、分かる人に相談して、
ちょっとずつでも成長していこう。


期待以上のヤツになりながら。


09月21日(水)
[PR]